ご挨拶と決意

私の信念とは

自分の発言や行動が、常に市民の目線に立ち、その立場を十分に理解し、その中で特に弱い立場の方々に寄り添えているのかということに対して自問自答し続け、皆さんと一緒になって政治活動を継続していくことであります。

私の想いとは

4年前に、福岡市議会議員選挙で落選し、福岡市政を市民の方々と同様の目線で見つめることができました。様々な意味でいい勉強ができたと思っています。しかし、現代社会において、政治家は落選したら“タダの人”だと言われ続けています。だからこそ私自身、この4年の月日を無駄にしたくないとの一心で“再”起動し、政治家として信念を貫き、歩むべき道を歩んでいく決意であります。

いとう よしと

2018.12.11 福岡市の抱える課題に対する具体的提言

超高齢社会対応の「まち」を創る これから迎える超高齢社会対応の新規格の「まち」の姿や形の実現は、保健・福祉・医療分野だけの取り組みだけでは実現不可能であると同時に、住まい・交通・雇用などの市民生活を取  …続きを読む

2018.12.10 2018年の釣果

2015.03.07 議員立法として条例を作りました。

空き家条例(平成25年) 市の調査によれば管理に問題がある空き家が本市にも1,800件余り存在し、早急に対応が必要な空き家も少なくありません。そこで緊急性が高く市民の生活に影響が極めて大きい「倒壊等に  …続きを読む